スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

USMCカバー

こんにちわ―
隊長です。

今回はタイトルからして、
は?(・.・;)
と、思う方が沢山いるのではないでしょうか?

カバーとは、海兵隊が使用する帽子の事です。
キャップとは言いません。
雰囲気で言うと
ファティーグを海兵隊はユーティリティシャツと言う
みたいな感じですかね?

では画像をどぞ。
DSCN2912.jpg
どうやら、80~90年代の物らしいです。
DSCN2943.jpg
生地は50%COTTON 50%NYLONと、
書いてあるのでコットンおナイロンの合成繊維です。
何て名前だったっけ…
DSCN2944.jpg
ピンボケしてます、すんません…
一応海兵マークがついています。
DSCN2948.jpg
こちらにはDLAのタグが付いています。
CAPと書いていますが海兵隊員は意地でもカバーと呼びます。
ちなみにMARPATのカバーが採用されるとタグにはCOVERと書かれるようになったようです。

また、このタイプの帽子は海兵隊と海軍が使用しているようです。
その為、陸軍では一切使用してないようです。

では、薄いですが今日はこの辺で…

img_184898_4283029_0.jpg
スポンサーサイト

危うく捨てられそうになったもの

みなさん、お待ちかねのミリタリーのコーナーですよーbb

今回はこちら

空港で弟がガチムチ警備員に睨まれる原因となったこちら…
DSCN2933.jpg
弾です、
ちなみに真ん中の7.62×51mmNATO弾は私の物です。(比較ってことで)

まず最初に説明するのは5.56×45mmNATO弾です。
DSCN2924.jpg
弾は専門外なので詳細はこちらをどうぞ…→【wikipedia】5.56×45mmNATO弾

続いて30‐06スプリングフィールド弾です
DSCN2925.jpg
私からの説明はありません…ごめんなさい…
強いて言うならKAZU君のすきなM1918が使用している弾薬です。

大きさ比べです、
右が7.62×51mmNATO弾で左が30‐06スプリングフィールド弾です。
DSCN2930.jpg

それではラスト、20×102mm弾です。
DSCN2919.jpg
弾丸というか、砲弾ですね。
普通の弾と違って弾頭部には沢山の種類があります。
主にM56榴弾やM56A1焼夷榴弾、M53徹甲焼夷弾、M53A1徹甲焼夷弾、M56A3焼夷榴弾、PGU-28半徹甲焼夷榴弾、…(ry
米海軍などでは装弾筒付き高速徹甲弾、劣化ウラン弾などが使用されたようです
…海軍さん…レールガンとか消火ロボットとか発想が次世代過ぎます…

しかし1988年以降はタングステン合金製弾芯を使用しているらしいです。

ちなみにこいつを主に使用している米軍のM61についての面白いお話なのですが…
国内ではバルカン砲やガトリング砲、チェーンガンなどの表記が曖昧になることが多くあるようです。
しかし、これらの用法は本来のバルカン砲とは全く違った使用方法らしいです。
また、バルカンとはM61自体に付けられた固有名詞(M1のことをガーランドというみたいな感じ)でバルカンはM61系列の回転式多砲身機関砲(ガトリング砲)のみで呼称をしないといけないようです。
つまり、GM社製のガトリング砲はバルカンと名乗ってもいいのですが、旧ソ・ロシアのガトリング(GSh‐6‐30、GSh‐6‐23、GShG‐7.62など)は名乗ってはいけないという訳ですね。
しかし欧州においても、ガトリング砲全般や連射機構に外部動力を要する銃器の事をVulcan Cannon(バルカンカノン)と呼び、バルカン砲は連発式銃器を指す通称として浸透してしまっているようです…

はい、頭痛いですね。
ちなみに旧ソ・ロシアのガトリングはガス圧作動方式らしいです(もう良いっつうの!!)

ラストに私の着せ替えケータイ←おい
で大きさ比較です。
DSCN2920.jpg
そういえば20mmをケツに挿して抜けなくなった人がいたような…
DSCN2934.jpg
ラストに全てを…
20mmが圧倒的にデカイ…
5.56mmはヘルメットバンドに挟みますか…
この人の挟んでるもの…

United States Rifle, 7.62 mm, M14,

ミリネタがねえよ!!

DSCN2626.jpg

ということで今日は私のメインU.S.M14を紹介したいと思います。

スプリングフィールドM14はアメリカのスプリングフィールド造兵廠が開発した自動小銃です。
米軍での制式名は"United States Rifle, 7.62 mm, M14,"であるために、スプリングフィールド造兵廠の名称は含まれないようです。
ちなみにこの娘は第二次世界大戦・朝鮮戦争で使われたM1ガーランドの改良型として開発され、M1ガーラントとM1918(BAR)の良い所取りを実現することに成功しました。
ベトナム戦争に投入されたが種々の理由(重かったり、長すぎたり、弾の無駄使いをし過ぎたり、キノコを生やしたり、それを食った兵士がイカれたり…)により、M16に取って変わられてしまったかわいそうなバトルライフルです…
その為、今までで一番正式採用の期間が短かったバトルライフルと言われています。
実際、欧州西側はバトルライフルの正式採用期間はかなり長かったようです、

G3(独)64~96年
FAL(英、白)53年~現在

ちなみに
64式7.62mm小銃(日)64~89年
意外に長い…

しかし、有効射程が長く、ストッピングパワーが高いため、海兵隊や特殊部隊を中心に狙撃銃などとしてこれを使い続ける部隊もあるようです。


ということでレビューをしていきたいと思います。
DSCN2632.jpg
機関部のアップです。
う~ん☆
いいカンジ(ペロッ
この部分は何かとU.S.Rifle Cal.30.MODEL1(M1ガーランド)を継承しています。
DSCN2636.jpg
サイトです、
フロントとの距離が遠いために少し狙いにくいです。
多分近視の人が狙ったら間違いなくフロントサイトがぼやけると思います。
DSCN2638.jpg
刻印です、

U.S.RIFL
7.62‐MM M14
SPRINGFIELD
ARMORY
1 1 1 8 4 9

と刻印されています。

続いてアイアンサイトです。
DSCN2646.jpg
こちらがエレヴェーションダイアルです、
高さを調節します。
DSCN2647.jpg
これがヴィンテージダイアルです、
左右を調整します。

続いて、セフティーです。
DSCN2651.jpg
セフティーON
DSCN2652.jpg
セフティーOFF
M1ガーランドの完コピですNE☆
ちなみにこのセフティーは現用と違って180度回転したりしません。
あくまで撃てるか撃てないかといったところです。

続いてセレクターです。
DSCN2648.jpg
DSCN2649.jpg
こちらがセミオート(単発)
DSCN2650.jpg
こちらがフルオート(連発)

続いて、
簡単な可動部の紹介です。
DSCN2643.jpg
DSCN2644.jpg
DSCN2645.jpg
こんな感じです。
簡単でしょ?

続いて、バッテリーセットについて。
DSCN2658.jpg
まずショルダーレストをあげます。
DSCN2659.jpg
続いて、トラップドアをくぱぁしてあげるとバッテリーホルダーが出てきます。

次に、マガジンです。
このマガジンは着脱方式が独特ですので少し説明してみます。
DSCN2653.jpg
DSCN2654.jpg
DSCN2655.jpg
まず、マガジンハウジングにあるフックにマガジンを引っ掛けます。
DSCN2656.jpg
DSCN2657.jpg
そしてそのまま後部に押し込みます。
はい、AKと同じですね。
DSCN2665.jpg
東京マルイ様のHOPの調整はこのダイアルを使います。

続いて、フロント周り。
DSCN2660.jpg
大型のフラッシュハイダーが現代にはないかっこよさを醸し出しています。
DSCN2663.jpg
さいとはM1ガーランドと同じです。
DSCN2661.jpg
ここが問題となったガスチューブです。


以上でレビュー終了です。


注:レヴュー中に幾つかタバコの箱が確認できますが、父親が吸い終わった後の空箱です。


1185802278.jpg
1185802197.jpg
かっけええええええええ!!
いつか私もこんなオサーン海兵隊員になりてえ!!
プロフィール

かんちゃん

Author:かんちゃん
ブログ名変えました、これから不安定になるかも…

とりあえずナム戦装備を集めています。

ナムれよ。(迫真)

コメントしてくれると嬉しくて涙を流す程度の能力、
気軽にコメントしてください!!

twitter:@p51_glamorous

tweet
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
霊烏路空時計
ナムでオタクなこのブログに来た人たち
描いたやつ
pixivもよろしくお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
サクラツナギ セツナライト カナデレイン インドアサバイバルゲームフィールドBb南草津店
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。